お問い合わせお申込はこちら

〒530-0017 大阪市北区角田町1-12
阪急ファイブアネックスビル11F GVH#5

USJを劇的に変えた、たった一つの考え方


USJを劇的に変えた、たった一つの考え方

 

 

USJの業績急拡大に多大な貢献をしている森岡氏がマーケティングについて書いた本。

マーケティングについて高校生でも理解できるように書いたということですが、内容は深いレベルのものもあり、多くのマーケターにとって参考になる内容がかなり多くあると思います。

 

タイトルにある、「たった一つの考え方」とは「消費者視点に立つ」ということです。当たり前のように感じるかもしれませんが、これが多くの企業にとって難しくなる原因についても言及されています。

・プロになればなるほど消費者視点から離れてしまう

・消費者視点よりも企業内の部門間のしがらみ、あるいは個人間のしがらみが重要視されてしまう

この2点が大きな原因と説明されています。

 

また、マーケティングの本質を「消費者の頭の中を制する」、「店頭を制する」、「商品の使用体験を制する」という、わかりやすい表現で解説されています。

 

また、マーケターにとって戦略的に考える重要性、戦略的に考えるうえでの、思考の順番についてもシンプルに語られています。

 

マーケティングのフレームワークとしても「戦況分析⇒目的⇒WHOWHATHOW」の順番で考えると提唱されており、その詳細についての記載も大変参考になります。

 

通常の中小やベンチャーはできるだけターゲットを絞って、そのターゲットにピンポイントに刺さる商品を届けることが大原則ですが、USJのような規模の企業の場合は適切な規模のターゲットをどう作るかという点が大切になります。今が旬であるUSJの事例を使って、実際に効果が出たマーケティング戦略について書かれているという点では貴重な本です。

 

顧客視点について考えたい経営者、また「実際に使えるマーケティング」について興味がある方にはお勧めできる本です。

 

数字でもマーケティングを考えたい人には続編もお勧めできます。